スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブウェイ123激突

2010年05月17日 05:37

ようやく見ました!これもかなり前から手元にはあったんですけど・・・(^^ゞ
『サブウェイ123 激突』



名匠トニー・スコットが、デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタを起用して放った骨太クライム・アクション。ニューヨークの地下鉄を掌握したハイジャック犯と、交渉人に指名された地下鉄職員の頭脳戦を描く。
【ストーリー】
ニューヨーク地下鉄。1時23分列車がハイジャックされた。ライダーと名乗る男(ジョン・トラボルタ)の要求は1000万ドル、身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名、残された時間は59分間。さらに、交渉相手にはただの地下鉄職員ガーバー(デンゼル・ワシントン)を指名・・・。犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに「事件」が動き始めるが---!?/74年の傑作サスペンス『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がスタイリッシュに映像化。
【解説】
123号車、応答せよ──/要求は何だ?この車両ひとつで、NY(ニューヨーク)はハイジャックできる。

出演:デンゼル・ワシントン/ジョン・トラヴォルタ/ジョン・タトゥーロ ほか
監督:トニー・スコット
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
原作:ジョン・ゴーディ
「サブウェイ123 激突」
>>>チェックここ!!楽天ブックス


ま、ハイジャックな映画なのは分かったけど・・・結局なんだったの!?的な(^^ゞなんかしっくりっこない終わり方だったような(ーー;)。。。











スポンサーサイト


コメント

  1. 菜々 | URL | -

    初めまして。こちらのブログへはランキングを見てきました。突然お邪魔してしまい、申し訳ありません。

    私は現在、創価学会というアメリカ、チリ、オーストリア、フランス、ドイツ、スイス、ベルギーにカルト認定されている宗教団体にテクノロジー犯罪を受けています。

    報道されていませんが、川田亜子さんや清水由貴子さんもこの犯罪が原因です。
    ぜひ多くの方に知っていただきたいです。

    私のブログです。
    http://disney8343.blog117.fc2.com/

    よろしければご覧になってみて下さい。

    NPOテクノロジー犯罪被害者の会というのもありますが、解決には至っておりません。

    周りの方にこの犯罪の存在を教えてあげて下さい。ご協力をよろしくお願い致します。突然長々と失礼致しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asoviba.blog107.fc2.com/tb.php/894-28aae2ec
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。