スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よねくらとしのり

2009年10月24日 08:13




『sensitive sources』-米倉利紀-

前作「samurai quality」(2007)から2年の時を経て、通算16枚目の「sensitive sources」が完成。今作では長年の音楽製作パートナーである柿崎洋一郎が6曲のアレンジ、ツアーバンドメンバーのキーボーディストの佐藤真吾が3曲のアレンジ、同じくツアーバンドメンバーのベーシストの山田裕之が1曲のアレンジを担当。先行配信限定シングルとしてリリースされている4曲を含む全10 曲収録。今作はここ数年の米倉利紀サウンドの核になっていたスローものは極上に2曲に濃縮集約され、ミディアムからアップテンポの曲達で構成された米倉利紀の新境地とも言える作品。アルバムタイトル「sensitive sources」は喜怒哀楽の根源を紐解いた歌詞とメロディーを表現。

アルバムタイトルは喜怒哀楽の根源を紐解いた歌詞とメロディーを表現!ここ数年、米倉利紀サウンドの核になっていたスロー・ナンバーは2曲に濃縮集約し、ミディアムからアップテンポの楽曲を多数収録した、米倉利紀の新境地とも言える作品になりました。

1.that's enough
2.superwoman/superman
3.characteristics
4.love story
5.あたし
6.one love -no question-
7.hands
8.bacio
9.respect/disrespect
10.one last



俺にしては珍しく・・・一時期ヘビロテで聴いてましたね(^^ゞ最近は聴くことがなくなっちゃいまひたけど(ーー;) 久しぶりにNEWということで、聴いてみますvv








無料試聴OK!音楽ダウンロードは『OnGen』

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://asoviba.blog107.fc2.com/tb.php/634-66f58ecb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。